百年アルミ株式会社は、地震に強く、省エネで快適な住まいづくりに全力を尽くします。

このたびの令和6年能登半島地震により、

被害を受けられた皆さまに、 謹んでお見舞い申し上げます。

被災された皆さまの安全と、 一日も早い復旧・復興を 心よりお祈り申し上げます。

最新の発表では、南海トラフ地震は、

2030年〜2040年の間に発生し、

死者は32万人を超えると想定されています。

巨大地震が起きたときの住宅被害

震度6弱

人は立っているのが難しい程の揺れ。

耐震性が低い住宅の壁にひび割れが発生し、瓦が落下する。固定していない家具の大半が移動して倒れる。

ガス・水道・電気が止まる。

震度6強

人は立っていられず、床を這って移動する程の揺れ。

揺れに翻弄され、動くこともできず、飛ばされることもある。耐震性が低い住宅は倒壊する。

建物の内部では、家具の下敷きになる可能性が高い。

出典:熊本災害デジタルアーカイブ/提供者:京都大学火山研究センター

震度7

新耐震基準で造られた住宅でも、屋根が重さに比例して揺れが大きくなり、外壁のひび割れ、瓦の落下などの甚大な被害が出る。

出典:熊本災害デジタルアーカイブ/提供者:岡山市

耐震性の低い住宅とは

屋根が重い

屋根が重い住宅は、家全体の重心が上がってしまうので、地震が来た際に大きく揺れてしまいます。

屋根を軽くすれば、揺れが小さくなり、倒壊リスクも減少します。

耐震補強が不十分

新しい耐震基準で造られた住宅でも、熊本地震では被害が出ました。

筋交いを増やすのはもちろん、既存の壁に外壁を張ることでも、耐震性を向上させる事ができます。

震度7の阪神・淡路大震災では、

死亡原因の約8割が

住宅の倒壊による

窒息・圧死でした。

命を守るはずの住宅が、地震によって凶器に変わる。

その惨劇を、私たちは目の当たりにしました。

出来る限りたくさんの方に、 できるだけ早くお伝えしたい。

屋根を軽くして

外壁を強くすることによって救える

たくさんの命があります。

私たちが このプロジェクトを 立ち上げた想い